読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりたてて言うほどでもない毎日

なんとなく過ぎていく毎日、明日になれば忘れてしまうどうでも良い事、そんな事を書いてます。

2月20日のホットケーキ

今日のホットケーキ

f:id:NANTONAKU_everyday:20160220161803j:plain

小麦粉  140g
ベーキングパウダー  7.5g(小さじ2.5)
砂糖  20g(大さじ2)
塩  ひとつまみ
卵  1個
バニラエッセンス  好みで入れる
牛乳  100cc
水  20cc(生地が硬すぎた場合に使用)
マヨネーズ  ひとにぎり(チューブを)

 

1.小麦粉とベーキングパウダーをボウルでよく混ぜる
2.砂糖、塩、牛乳、卵を別の容器でよく混ぜ、液卵をつくる
3.粉に液卵を入れてよく混ぜる、その途中でバニラエッセンスを入れる
4.混ぜるうちに固くなってくるので、マヨネーズを入れてまた混ぜる
5.マヨネーズを入れると緩くなるが、まだ固いので水を入れる
※よく混ぜる事が特徴、生地はよく混ぜる、これです。
6.焼く
7.自家製りんごジャムとシナモンパウダーをかける、完成

 

焼き色がキレイに出た、フライパンは冷ましすぎない事が重要。
膨らみ加減、問題無し。2〜2.5cm。
生地のソフトさ、問題無し。
生地の味、甘さ控え目の自分好みの甘さ。
生地の木目がいつもより細かく膨らんでいる。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160220163233j:plain

それで、うまかったのか。
今日のホットケーキは、自画自賛だがうまく出来たと思う。今までホットケーキミックスの焼き上がりを目指して試行錯誤したが、ほぼ、自分の納得いく出来上がりになった。これで、ミックス粉を買わなくても、同じ出来上がりを作れるようになったのだが、コスト的にはどうなんだろう。
ミックス粉は600gで200円ぐらいで売ってる。この分量があれば4回は作れる。また小麦粉と砂糖は特別な材料ではないが、ベーキングパウダーとバニラエッセンスは普通に料理には使わない材料だと思う。どちらも200円前後で購入できるけど。
安い材料だからあまり考えなくてもいいのか。

 

話は脱線する。
バニラエッセンスで調べ物をしていたら、「バニラビーンズ、バニラオイル、バニラエッセンス」と3つの言葉が出てきた。
「バニラビーンズ」はいわゆる、植物である所のバニラの種の事、発酵乾燥したバニラの鞘と種そのもの。
「バニラオイル」はグリセリンなどの溶剤が成分の香料で、主に加熱する調理に使用する。香りが強く、加熱しても香りが飛びにくい。使用量は数滴が適量である。
「バニラエッセンス」はアルコール系の溶剤が成分の香料で、主に加熱しない調理に使用する。香りそのものは余り強くない、その為か多めに使用する事が多い。
それぞれの調理によって使い分けるそうだ。
乾燥バニラビーンズを購入して、瓶にウォッカなどのアルコールと一緒にいれて、自分でエッセンスを抽出している人もいる。購入するより遥かに安価にバニラエッセンスが出来るそうだ。
へー。