読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりたてて言うほどでもない毎日

なんとなく過ぎていく毎日、明日になれば忘れてしまうどうでも良い事、そんな事を書いてます。

夜のお散歩、第一夜

life

夕ご飯を食べて、歯を磨く。

夕方の暗さから夜の暗さへと変わる頃。

散歩に出ると声をかけて外に出ると、辺りはかなり暮れていた。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412204655j:plain

西の空に少しだけ明るさが残っている。

歩き出す。

ひんやりとした空気。

飛行機の音がする、夜間訓練の日か。

道を渡って住宅街を歩く。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412204728j:plain

家の明かりと街灯だけの中歩く。

時々、人とすれ違う。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412204800j:plain

信号交差点にあるコンビニは学習塾の向かい側、混雑している。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412204826j:plain

校門の外でパンをかじるお父さん、練習に励む息子を見ている。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412204843j:plain

車の通りが激しい歩道を歩く。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412204901j:plain

学習塾は4月の初旬で大流行り、意識高い。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412204924j:plain

ひっそりとした車たち。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412204950j:plain

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412205007j:plain

暗い道に出る、変電所の近くの鉄塔。

f:id:NANTONAKU_everyday:20160412205022j:plain

その先の信号交差点。

夜のお散歩はいろんな事を考えるのにいい。

昼間の情報過多が夜の闇で隠される、ひんやりして頭も冷静になる。

冷静になりすぎて悲観してしまうぐらい。

考え過ぎて、泣けてくる事もある。

自分の事がよく見える事もある。

しかし今夜はうつな気分だ