読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりたてて言うほどでもない毎日

なんとなく過ぎていく毎日、明日になれば忘れてしまうどうでも良い事、そんな事を書いてます。

少ししっとり少しふわふわなホットケーキ

今日のホットケーキ

f:id:NANTONAKU_everyday:20160515144920j:plain

  • 薄力粉100g
  • 砂糖30g
  • ベーキングパウダー6g(小さじ2)
  • 牛乳80cc
  • 卵1個
  • バニラオイル10滴くらい
  • ポッカレモン8cc
  • 塩ひとつまみ

少ししっとりなホットケーキを作ってみた

それでどうだった

  • 食感は少ししっとり少しふわふわ
  • 木目はノーマル
  • 厚みは約24mm

f:id:NANTONAKU_everyday:20160515145141j:plain

今日は昨日のレシピの分量そのままで、牛乳をリコッタチーズ化して作ってみた。

昨日のホットケーキと較べると「少ししっとり、少しふわふわ」と少しだけアレンジが効いている「あれっ、昨日のホットケーキと少し違う」と判る人には判るぐらいの違いか。

今までのしっとりバージョンのホットケーキは、しっとり過ぎた。

それに較べて今日の少ししっとりバージョンは、ふわふわで少ししっとりなので、いつものふわふわさっぱりホットケーキの延長上の食感なのだ。

ふわふわさっぱりなホットケーキはおいしい。

違いといえば、色味が昨日より黄色かった、昨日より黄色いのはなぜだろう?

評価としてはおいしいホットケーキが焼けたと思う。

いつかは本格的なメレンゲバージョンのリコッタチーズホットケーキを作りたいと思うが、作るのはかなり面倒だったりする。

しかし、一度はメレンゲのみで膨らんだようなホットケーキを作ってみたいもんだ。

ところで、今日になって気が付いたのだが、自分のホットケーキを作る順番は、最初にリコッタチーズを作り、この後に、粉、卵、リコッタチーズ化した牛乳をヘラでかき混ぜ、フライパンを用意して焼く。

そのフライパンの用意をしている間、かき混ぜた粉は放っておかれるのだが、牛乳を温めて作ったリコッタチーズは熱いと思うくらいまで温まっている。

だから放っておかれる間に、リコッタチーズ牛乳の熱で焼く前の生地が膨らんでくるのだった。

つまり、ベーキングパウダーが焼く前に反応してしまっているのだ。

だから、混ぜたらすぐに焼き始められるように段取りを変えるか、リコッタチーズを冷ました方がいいのかもしれない。