読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりたてて言うほどでもない毎日

なんとなく過ぎていく毎日、明日になれば忘れてしまうどうでも良い事、そんな事を書いてます。

レモンケーキを作ってみた

レモンケーキを作ってみた

f:id:NANTONAKU_everyday:20170511202047j:plain

f:id:NANTONAKU_everyday:20170511202056j:plain

砂糖100g、卵2個。

f:id:NANTONAKU_everyday:20170511202102j:plain

ざらつきがなくなるまで、よく混ぜる。

f:id:NANTONAKU_everyday:20170511202108j:plain

小麦粉150g、ベーキングパウダー小さじ1.5。

本当はふるっておくのだが、自分は泡立て器で空気を噛むように混ぜておいた。

f:id:NANTONAKU_everyday:20170511202113j:plain

写真にはないが、レモン1個の皮を擦り果汁は絞って入れる。

レモン果汁は、大さじ1杯分をグレーズ用に取り分けておく。

バターを50g溶かして入れる。

小麦粉+BPを3回に分けて混ぜる。

混ぜるたびに、なめらかになるまで混ぜる。

f:id:NANTONAKU_everyday:20170511202120j:plain

20cm×15cmの型に、クッキングペーパーを引いて、生地を流し入れる。

適度な高さから2〜3度落として、空気を抜く。

f:id:NANTONAKU_everyday:20170511202126j:plain

170度で40分焼く。

f:id:NANTONAKU_everyday:20170511202131j:plain

粗熱をとり、レモン果汁大さじ1杯と50gの砂糖でグレーズを作り、かける。

調理時間は焼き上がりまで、1時間10分ぐらいだった。

 

焼きたてでまだ少しほんわかした状態のレモンケーキは、味がまだ馴染んでないのか、酸っぱさと甘さの控えめな優しい味だった。

あまり膨らんではいないが、しっとりとした食感でとても美味しい。

焼きあがった生地の中で、すり下ろしたレモンの皮がちょっとした食感のアクセントになっている。もっとしっかり擦って、たくさん入れてもいいぐらいである。

明日は冷えた状態で食べてみる。その頃には、多分、味も馴染んでいるだろう。

冷たさと酸っぱさと甘さが爽やかなレモンケーキになるだろう。